宗一郎日記(4) by Naoko

Diary Top
<< 前へ | 次へ >>

2002/12/24 Morocco(1) The route to Casablanca
今日はメリークリスマス!!ですね。私たちは12/9にスペインのAlgeciras(アルヘシラス) からモロッコのTanger(タンジェ)へフェリーで渡りました。タンジェの通関はカルネも いらないしお金もかからない筈なのですが、チップ目当ての代書屋がオフィシャルみたいな 顔してさっそく寄ってきて、ウブな私たちはさっそく騙され、払わなくても良い代書代 を払わされてしまいました。うう、さすが悪名高いタンジェ。

Morocco green carpet
Tanger(タンジェ)、Assilah(アシラ)、Rabat(首都ラバト)、Casablanca (経済首都のカサブランカ)。。。の順に走って来ました。モロッコの北半分は北海道も ビックリの大草原が広がっています。地平線までずっと緑のカーペットです。 その中を一本の舗装路がどこまでも続いています。50km/hくらいでのんびり走っているので じっくり風景を楽しむ毎日です。もちろん、道は全てしっかり舗装され、非常に快適。 ただ、ラバトやカサブランカのような大都市では、どうしても道に迷ってしまうかも。。。 やっぱり海外でも田舎のほうが走りやすいですね!

カサブランカではMr.Radouane(Mrラドゥアン)というモロッコ人の友達(若いのですが、 貿易会社の重役で、すごくリッチな人なのです)の家で1週間お世話になりました。 それもすごくゴージャスな家を、私たちだけのためにまるごと一軒貸してくれた のですから、モロッコ人のホスピタリティー精神にはかなりビックリ。一緒に Marrakech(マラケシュ)まで旅行に連れていってくれたり、毎日美味しいモロッコ料理 を御馳走してもらったりして、本当にあたたかいおもてなしが嬉しかったです。 日本で次に会うときは是非お礼しなきゃ!

Mr.Radouane Grand Mosque of Casablanca

2002/12/24 Morocco(2) Marrakech
そしてカサブランカから再び大草原の中を走り、Marrakech(マラケシュ)まで やってきました。多分、マラケシュはモロッコで最も有名な街でしょう。ここには 世界最大のMedina(メディナ=迷路のようなアラブの旧市街)があります。 今日さっそくメディナに挑戦しましたが、あまりにも巨大すぎて、市場(?)から 抜け出すのにまる1日かかってしまった程です。。。。。歩いた歩いた。 それにしてもメディナの中はどこ見ても絵になりますね。通行人が多いので なかなかカメラを構えられないのがもどかしい!?(通行人といえど、無断で写真撮ったら たいてい怒られちゃうので)

マラケシュのメディナにはありとあらゆる美しいみやげ物が売られており、 「うう~、バイク旅じゃなければ買うのに~!」と思うような美しいステンドグラス風の ランプやら、なかなかセンスの良い銀細工やら、お気に入りの一品と出会うにも良い街かも。

ところで、モロッコの食事もすご~く美味しいです。Tajin(タジン)と呼ばれる シチュー、羊の焼き肉、シャワルマサンドウィッチ、シシケバブ、などなど。。。 あまり美味しいのでつい食べ過ぎてしまいます。ツーリングでダイエットするぞ! と言っていた筈なのに、かえって太ってしまったようです!?

Mint-tea & Night in Marrakech Medina of Marrakech Moroccain souvenirs in Essaouira

2002/12/24 Morocco(番外) Mauritania visa information
以前までは、モロッコでモーリタニアビザ(査証)を取得する場合、ラバトのモーリタニア 大使館へいく必要がありましたが、2002/2月からはカサブランカのモーリタニア 領事館(Counsil/Consulate)へとビザ発給機能が移転しました。

モーリタニア領事館の場所は結構カサブランカの郊外にあって分かり難いのですが、 街の中心のツーリストインフォメーションオフィス(Syndicat d' Initiative) に行けば、場所と行き方を教えてくれます。 私たちはバイクで行ったのでちょっと迷いましたが、 カサブランカ唯一のキャンプ場"Camping de l'Oasis"から歩いていける場所でした。 とにかく、街の中心「国連広場(Place des Nations Unies)」から10kmくらい 離れているので、ガイドブックの地図では全く役に立ちません。まずは ツーリストインフォーメーション(Syndicat d'Initiative; 98 Blvd Mohammed V) ちなみに午後3時まで昼休み、なのがちょっとツライかも。。。。

Mauritanian Embassy
むかしモーリタニアビザを取るにはダミーのエアチケットを買ったりする必要が あったようですが、今は「パスポート、パスポートのコピー、写真2枚、100DH($10)」 を持っていけば、その日のうちにビザ発給してもらえます。朝9時~10時の間に 申請すれば、午後2時にパスポート&ビザを返してもらえることになっていますが、 私たちが行った時はずっと待たされて、なんと朝9時~夜8時までまる一日、 ずっと領事館内にカンヅメの刑。 こういう場合、いつ名前が呼ばれるか分からないので、食事も不可。。。。うう。 モーリタニアめ。

ところでカサブランカのような大都市ではバイクの駐車場に困りますが、 国連広場(Place des Nations Unies)のメディナ入り口のすぐ近くに小さな有料 パーキングがあります。有料といっても、一日たった5DH(50セント)なので、 毎日利用させてもらいました。路上にも駐車できますが、パーキングおじさんに 2DHほどのチップを払って見張ってもらえる所なら安心です。

<< 前へ | 次へ >>
Diary Top
Back to Top