宗一郎日記(7) by Naoko

Diary Top
<< 前へ | 次へ >>

2003/02/02 Mauritania-Senegal (Rosso no kokkyou)
Highway in Senegal
西アフリカで最悪と言われるRosso(ロッソ)の国境を越えました。 ロッソを通った全ての旅行者が「あそこは最低だ」とe-mailを送ってくれるのですが、 一体どう最低なのか分からなかったですし、ロッソから行けばピスト(ダート路) を通らず舗装路のままセネガルに入れるのがすごく魅力的に思えて、結局ロッソに 行ってしまいました。当然、大変な目に遭いました(^_^;)

まずMauritania Rosso(モーリタニア・ロッソ)ですが、町に着くなり、ガラの 悪い両替屋と保険屋(※1)に取り囲まれ、まっすぐ歩くことすらできません。 なんとか彼らをふりきって、国境のゲートの中に入ると、今度は出国スタンプを 押してくれたポリスが「スタンプを押してやったから何かくれ」と言ってきます。 そして訳の分からない"Commune Tax"なる税金(?)を払わされ(払わないと行かせない とのこと。。。)、そのあとバイクを通関するためカルネ書類を持ってDouane (ドゥアン=税関)に行ったら、役人が書類を書きおわった後、「1台につき1000UGM ($4)よこせ」と言ってきましたが、これは明らかにワイロ目的だったので、 「なんでカルネ通関にお金が要るんですか?私のポケットにはこれしかありませんよ!」 と言ってお金の代わりにトイレットペーパーの芯を渡したら、向こうもあきれたらしく 黙って行かせてくれました。やれやれ。。。

ちなみにモーリタニア・ロッソとセネガル・ロッソの間には、幅たった300m程の セネガル川が流れているだけです。この川が国境なので、国境越えには船を使います。 この船ですがいつの間にかバイク1台2000UGM($8)に値上がりしていて、なんと 国境で一文無しになってしまいました!まぁ、出国するからいいですけど。。。
ところでその日に限って、モーリタニア・ロッソに偉い人が来るとかで、盛大な 宴会が始まり、なんとそれだけの為に国境の船がいきなり5時間もストップしたのには ぶっとびました。私達は炎天下のなか、5時間ひたすら船の出発を待つハメに。。。。 すごく暑かったです。。。トホホ。。。

セネガルに着いたら冷たい水を買ってガブ飲みするぞ~~!と期待して船に乗り、 やっと対岸のセネガル・ロッソに着いたら、今度は怪しい代書屋に取り囲まれ、イミグレ (入国)の手続きをしてやるからパスポート、運転免許、カルネ書類をよこせと言って、 なかなか船から降ろしてくれません。まぁ、ちょっと手数料を払えば済むことだろう と思って、つい書類を一式渡してしまったのですが、これが大間違いでした!
彼らは町のヤクザで、外人旅行者をカモにしている連中だったのです。確かに、 イミグレ手続き&車両保険の加入手続きなど、全部正しくやってくれたのですが、 その後で薄暗いオフィスに連れて行かれ、「手続き代行手数料として、120ユーロ ($120!!)よこせ。さもないとパスポートもカルネも返さないぞ。」と言ってくるでは ありませんか。
はっきり言って、100円以下でお腹いっぱい食べられるセネガルで、120ユーロは ものすごい大金です。しかも連中ときたら、私達の大事なカルネを破り捨てようとまで するではありませんか。一緒に居たポルトガル人の旅行者も同じ目に遭っていたので、 (よし、同じ外国人同士、このポルトガル人と力を合わせてヤクザ危機を乗り切ってやる!) と思って密かに心強く思っていたのですが、なんとポルトガル人、いきなり「これしか ないんだよ、悪いネ」と言って、ヤクザにぽーんと80ユーロ($80)渡して書類を取り返して、 すたすたと行ってしまいました。これでヤクザはますます強気になり、部屋に2人残された 私達は、いきなり大ピーンチ!!

外で「うええええん」と泣いていたら、町の人が集まってきて、イミグレ&車両保険 に必要なお金は、多くても40ユーロ以下だと教えてくれました。そして、一緒にポリス に行ってヤクザを訴えてこよう、と近くの警察に連れていってくれたのです。 警察に行くと聞くなり、ヤクザどもは真っ青になり、あわてて警察まで追いかけて 来ました。(警察の中には小さな牢屋があって、中には捕まった連中が ぎゅうぎゅう詰めに入っていました)ヤクザはポリスの目の前で「俺達は最初から 40ユーロしか請求してない」といきなりコロっと態度を変え、結局、手数料込みで 30000CFA($55)という事に落ち着きました。

それにしても、セネガル・ロッソのチンピラは本当に強気ですね! 恐らく、多くの旅慣れないヨーロッパ人旅行者が、言われるままに大金を 払ってきたのでしょう。 もとはといえば、そんな連中に大事なパスポート一式を渡してしまったのが 間違いだったのですが。。。モーリタニア・ロッソが「最悪」なら、セネガル・ロッソ は「極悪」といったところでしょうか。

実は、旅慣れたヨーロッパ人旅行者は、ロッソがやばい事を知っているので、80km西の Diama(ジャマ)にある橋の国境越えるのが普通です。(ジャマの橋は新しく出来た国境 で、最新のミシュラン・マップにしか載っていませんが、地元では有名です)ポリスや 役人が腐っているのはジャマもロッソも一緒ですが、少なくともジャマにはヤクザは いません。
ただし、ジャマに行くには、ロッソからピスト(ダート道)を80km走らなければ なりません。後で聞いたところによると、このピストは砂は全くなく、固く締まっていて、 かなり走りやすいとのこと。しかも、ジャマからセネガルのSt.Louis(サンルイ) まではすごく近く、ピスト15km、舗装路20km程です。もし再びモーリタニア/セネガル の国境を越える事があれば、次は絶対にジャマの橋からいくぞ~~~!!!

※1= バイクや車の旅行者は、車両保険に加入しないとモーリタニアやセネガルで ワイロ目的のポリスに捕まった時、すごく面倒なことになります。

2003/02/02 Senegal(1) St.Louis
Camping Dior in St.Louis
とんでもない国境越えの後、St.Louis(サンルイ)は天国のように優しい町に思えました。 サンルイはセネガル川の中洲にあたる小さな島です。2つめの橋から南に4km行ったところ に"Camping a la plage DIOR" という立派なキャンプ場があり、お洒落なカフェ&バー やレストランの横で砂浜に寝そべっての~んびり、なんていう贅沢な事が出来ます。
サンルイでは、一緒にモーリタニアの砂漠を越えてきたStephane(フランス人のステファン) &Julien(スイス人のジュリアン)という友達と毎日一緒に過ごし、セネガル人の ガールフレンドの家にも招かれ、美味しい食事と素敵な音楽にすっかり満足。 セネガルの女性は西アフリカで最もお洒落と聞いていましたが、まったくその通りで、 町を歩いていると、まるでモデルさんのような若い女性に思わず目を奪われてしまいます。
そこで1週間くらい過ごしていたら、やがてモーリタニアで会った大勢のヨーロッパ人 旅行者友達が続々と同じキャンプ場にやってきて、無事に砂漠を越えた事を互いに 喜びあったのでした。まるで旅人の交差点のようなキャンプ場ですね!

With French friends Delicious Tie-bou-dien

<< 前へ | 次へ >>
Diary Top
Back to Top